ザンビアの生きものたち

本日も引き続きアフリカ編

生きものたちからエネルギーいただきました!

 

地球って、人間だけのものじゃないって、分かってるつもりだけど、忘れがち。

生きものたちから、メッセージもいただきました!

 

1.とり

地元で、ブレスラベンダーと呼ばれるびっくりするほど色鮮やかな鳥。

体はロアジスブルー!

 

 

2.インパルスのファミリー。

暑いから木陰でみんなでひと休み。

 

 

3、きりんの家族も木陰でひと息。

 

 

4.大好きなきりんが座り込んでる!

優しいまなざし、網目も綺麗、なんて可愛いんだろ。

 

 

5、わに~。

 

 

6.かば~。

あ、分かりますよね(笑)

かばはいつも家族と一緒。単独行動するのは、独身男子だけだそうです。

 

 

7.乾季には1ヶ月もかけて水をもとめて移動する象たち。

象は家族ごとの集団行動が基本、遠出をする時は群で移動、

チームで動いた方が安全なんですね。

 

 

仕事も同じ、仲間って大事♡

ジンバブエにて

ジンバブエにて、「バオバブの木」と出会いました。

樹齢1500歳!

枯れているようにみえますが、

今は乾季で数トンもの水分を幹に蓄えて休眠中だそうです。

木のパワーってすごい!

私もパワーいただいたので150年くらいは生きられるかな。

 

 

バオバブの木の実。

白色の花が咲いたあと、ヘチマのような堅い果実がなります。

果肉は、ビタミンC、カルシウムが豊富なんです。

食べてみましたが、少しすっぱくて、ほんのり甘い感じ。

種子からは油、樹皮は煎じて解毒剤、樹皮の繊維は頑丈で編めばロープになるそう。

 

葉は幹の上部につき、乾季に落葉する。

花は白色で大きい。

果肉は食用・調味料とされ、セネガルでは「サルのパン」と呼ばれる。

ビタミンCがオレンジより多く、カルシウムも牛乳より多いと言われる。

また、若葉を野菜として利用する。

 

木の恩恵をうけて、人は生きてきたんだな。

 

ボツワナ学校訪問

本日はボツワナの学校におじゃましました。

 

▼生徒は4歳から16歳まで1700人!

教室不足で授業は木陰があたりまえだそう。

教師不足で授業は午前と午後の2部制。

 

 

▼1クラスは約50人

みんな真剣に勉強しています。

 

▼校長先生、主任とともに教育問題について話しました。

元教師の私としては、興味深くもありましたが、問題の深刻さに心が痛みました。

アフリカ到着

本日よりアフリカ訪問。

 

香港経由でまずは、南アフリカに到着。

ワールドカップのおかげで、空港はとてもきれいに!

 

空港ではビーグル犬が仕事しています!

 

以前、我が家の一員だったビーグル犬のベスちゃんより、

みんな大きめ。

 

インタビューしようとしたら、仕事中!と怒られました…。

 

すみません。

aikoさんが!

先程SNS担当のスタッフがよろこんでいたので

何事かと思ったのですが

 

なんと歌手のaikoさんの愛犬が

ヒマチーを食べてくれていたのです!

 

 

 

最近、ヒマチーを真似た悪質な類似品が出ていることで

しょんぼりしていたところだったのでとても励みになります!

 

私もヤクミルクの搾り甲斐があります(笑)

 

▼わたしも乳搾りに参加しております!

imag1680

 

ぜひ、愛犬のあんころもちちゃんにも

安心してあげてください!

 

 

マザーハウス 代表山口さん

9月10日

朝から、新たなおもしろプロジェクトの打合せ。

もう少ししたら、詳細お話します!

お昼からは、ロアジス横浜事務所から徒歩5分の大さん橋ホールに移動。

鎌倉投信さんの総会、初参加でしたが学びと笑顔の楽しい会でした。

20160910
写真はマザーハウスの山口代表と。

ロアジスの「ヒマチー」や「ネコクーン」はネパール産。

マザーハウスさんもネパールでスカーフを作っています。

ネパール仲間で、いつかコラボできるといいな。

途上国とのビジネスは本気じゃないと続けられません。

ロアジスはなんとか5年頑張ってきました。

 

山口代表もバングラデシュでご苦労されていますが、

私もネパールで色んなこと、あったな〜。

今も‼

なんて、横浜の潮風にあたりながら思い出したり…。

らうらちゃんのこと

raura

9月1日は感謝の日!

2年前の今日、18歳のらうらが天国へ旅立った日。

 

前日の夜、ロアジスのドッグフードを

私の手から美味しそうにモグモグ食べて、

自分でベッドまで歩いていった。

 

いつものように横になって、幸せそうな顔ですやすや。

その日、私は珍しく5:30に目覚めてしまい、

いつものクセで「らうらが息をしているか確認!」

 

「良かった! 今日も、らうらは生きてる」

 

安心して2度寝。
18歳のらうら、いつ何が起きてもおかしくありません。

6:30起床。らうらを見る。
あれ⁈ うそ。お腹が動いてない!えっ⁈

一瞬頭が真っ白!

「らうら‼︎ らうら‼︎」と声をかけましたが、目を覚ましません。

 

生まれる前からブリーダーさんにお願いをして、我が家にやって来たらうら。

18年、ともに生きてきた同士。

歳をとって介護でちょっと大変だったけど、

生きていてくれるだけで幸せだったのに。

悲しくて悲しくて。悲しくて。

 

らうらのおかげで、『ともに生きるしあわせを』感じることができました。

2年前の今日、心から感謝の気持ちでいっぱいになりました。

 

らうらに感謝。

らうらを大切にしてくれた多くの方々に感謝。

らうらと私の生活を見守ってくれてきた周りのみなさんに感謝。

 

私だけでは18年間、育てられなかった。

友人に「また、らうらに逢えるよ」と言ってもらい、

生きる楽しみが出来ました。

 

一生懸命生きて、私のおつとめが終わったら、またらうらに笑顔で逢える。

今日も感謝‼︎ みなさんありがとうございます!

 

次回はちょっちゃんみゅうちゃんのお話のつづきです。